スマホ修理症状

ストップDIY!iPhone故障は自分で修理してはいけない?

こんにちは。お得にiPhone修理.comです。
最近流行りのDIY。
ガーデニングやリフォームのみならず、スマホ修理まで自分で修理しようという方は少なくないですし、サイトを調べると事故修理に関する記事も多く見受けられます。

予算も比較的抑えられますし、お店に行く必要がないため実際されている方も多いのではないでしょうか。

では、iPhone修理は自分でできるのでしょうか?基本的には自分で修理しないほうが良いでしょう。なぜなら、修理している途中で分からなくなってしまった時に「ネジの位置が分からなくなってしまって元に戻せない」、「切ってはいけないコードを切ってしまった」などどうしようにもできない事態に陥ってしまうからです。

また、適切な道具を使わないことで直すべきところ以外を静電気によってショートさせてしまうことがあります。静電気によってICチップがショートして、中のデータも全て飛んでしまうことまであります。

インターネット上には自分でiPhoneを修理するテクニックも紹介されていますが、足りていない情報や、間違っている情報も多々あります。実際プロの私がYouTubeで紹介されている方法を見て間違っているよこれ!と指摘したくなることもあります。
ですので私たちの仕事柄こういっているわけではなく、絶対に自分で修理することはやめてください。

・素人がやってしまった修理のよくある失敗例

  • バッテリー交換をしようとして、バッテリーに穴が空いて爆発してしまった。
  • 画面を交換しようとして液晶を破損させてしまった。
  • 画面を交換しようとしてバックライトがつかなくなってしまった。
  • 水没したので冷蔵庫に入れたらiPhoneが凍ってしまった。
  • iPhoneを分解して細かいパーツを紛失した。

下記は爆発してしまったバッテリーの写真です。爆発によって修理中に怪我をしてしまうこともあるので絶対に自分で修理しようとしないでください。

爆発してしまったiPhone

スマホの爆発事故で、大怪我を負ってしまう事件も少なくありません。
もし何か不調がiPhoneにあった場合修理店に出すことをオススメいたします。

お近くのクーポンが使えるiPhone修理店舗をチェック!

iPhone修理工房 店舗案内へ