ブログ一覧

充電器の差し込み口に水が入ってしまった!正しい対処法は?

こんにちは。お得にiPhone修理.comです。

どのような場所や場面でも必需品であるiPhone。操作中に手が滑って水の中に落としてしまった、また、雨でびしょ濡れになってしまった…なんてことはありませんか?その際に、充電器を差す穴の部分に水分が入ってしまい、故障してしまうか不安になった経験のある方は多いと思います。

本日は、スマホが水没し充電器の差し込み口に水分が入ってしまった際の、正しい対処法をご紹介します!

一番の問題は水分ではなく…?!

iPhone7以降の機種は、水に沈めある程度放置しても問題ないよう作られており、充電器の差し込み口、つまり充電コネクタも防水仕様になっています。そのため、水分が少し入っただけでは故障しないと考えて良いでしょう。

しかし、問題は水分以外の不純物です。

例えば、汗や海水が充電コネクタに入った場合、乾くと塩分となり内部が錆びてしまうことがあります。ジュースをこぼしてしまった場合は、残った砂糖が内部に残ってしまい故障の元になります。水分以外の異物がiPhoneにダメージを与えるのです。

また、充電コネクタ付近に塩分・糖分などの異物が残ってしまうと、スマホが故障するだけではなく、発熱・発火の原因となります。一見問題がないように見えても、安全に使うためには見逃さず対処することが重要なのです。

水分が入ってしまった時の応急措置

では、もしスマホの充電コネクタ部分が水没した場合、どうすればよいのでしょうか?

充電コネクタにジュースや汗など、不純物が含まれている水分が入ってしまった場合は、綿棒を差し込み当てるなどして、出来るだけ水分を拭き取りましょう。また、爪楊枝の先にテイッシュを巻きつけると細かい隙間も拭き取ることができます。

しかし、綿棒やテイッシュが詰まってしまうと、別の故障の原因となってしまいます。あくまで例に挙げたものは応急措置です。大切なスマホの中身を守るためにも、出来るだけ早めにお店に相談すると安心です。

スマホの水没も、iPhone修理工房にお任せください!

iPhone修理工房では、水没したスマホの修理を行っております。早急に端末を開けてクリーニングすることによって、水没による被害を最小限に抑えることができます。

早めの対応が、安全に長くiPhoneを使うためには大切です。水没による不具合に関わらず、当店では様々なスマホの不具合に対応しています。高品質な修理、保証もバッチリです。スマホ修理をお考えの方は、ぜひお気軽にお問い合わせ下さい。

iPhone修理工房の情報はこちらです!お待ちしております!

スマホの不具合に関する緊急相談窓口

03-3251-7770

(10:00~19:00・365日対応)

スマホの調子が悪い、故障しているかもしれないという方は上記電話番号からご相談ください。お電話口で状況を伺い、今取るべき対応・どのような修理が必要かお話しさせていただきます。
※水没した場合は出来るだけ他のお電話からお掛けください。

お近くのクーポンが使えるiPhone修理店舗をチェック!

iPhone修理工房 店舗案内へ