スマホ修理症状

【完全ガイド】iPhoneのバッテリー交換

確かな技術を持ったスタッフがスマホを修理いたします!iPhoneからAndroidまで、スマホ修理はiPhone修理工房にお任せください。

今回は、iPhoneのバッテリー交換の目安について総まとめとしてお話していきます。バッテリー交換について悩んだり、どうしたら良いか困ったりしている方は、ぜひこちらの記事を参考にしていただけると幸いです。

 

交換の目安

弊社で多く感じるケースとしては、ユーザーさんが「バッテリーの持ちが悪いな」と感じて持ち込まれる方が多いように感じます。他にも、「充電ができない」「電池の減りが早い」などと感じるケースも。

 

バッテリー膨張が原因となるケース

発端としては、「iPhoneのホームボタンが効かない」、「タッチパネルが機能しない」などのトラブルで原因を探すようになり、「バッテリーの膨張が原因だ」と行き着くことが多いです。

他にもよくある例としては、80%前後までしか充電できない、フル充電されないなどのケースも。充電ができなくなる理由は、充電回数を重ねることによりバッテリーが劣化して機能を十分に果たせていないことが原因となっています。ただ、バッテリー以外に充電機や充電ケーブル、もしくはスマホ本体に問題が起こっているなどのケースもあります。

また、普段ケースをつけていると、外見的にバッテリーが膨張していることに気付きにくいこともあります。

 

交換しないと発火してしまう恐れも

バッテリーの膨張は非常に危険が伴い、最悪のケースでは、爆発や発火などといった事例もあります。

ちなみに、リチウムイオン電池に使われている「リチウム」は発火点60度前後の可燃性物質です。基本的に正常な電池であれば、いきなり発火することはそうそうないので、あまりに高温(車のダッシュボード上など)に放置するなど、特殊な使い方をしない限り問題ないでしょう。

ただ、どちらにせよバッテリーが膨張してiPhoneを変形させてしまうくらい劣化バッテリーを使い続けるべきではないでしょう。

 

公式が推奨しているのは2年

Appleの公式が推奨している交換の目安は2年です。

もちろん、ユーザーによって使い方や消耗の仕方が異なるので、一概にはいえません。しかし、最近の新しい端末になればなるほど機能が充実しており、その分バッテリーにかかる負担も大きいということがいえます。

ただ、ここ数年の新しいiPhoneは端末が高いので、機種変更するよりもバッテリーだけ交換して長く使うというケースも多いように感じます。

 

バッテリーの状態を把握するには?

「設定」▷「バッテリー」と進むことで、現在のiPhoneのバッテリーの状態を確認することができます。

「24時間以内」と「10日以内」での、バッテリーの充放電の状態をグラフで把握することができます。イナズママークの部分は充電が行われていたことを示しています。

また「バッテリーの状態」では、現在の「最大容量」が表示され、バッテリーの劣化の状態を知ることができます。

Appleは、バッテリー容量80%を目安と考えていますので、容量が徐々に低下してきている場合には80%を目途にバッテリー交換を検討すると良いでしょう。

「ピークパフォーマンス性能」とは、バッテリーに問題なく最大限の電力供給ができている状態で、「パフォーマンス管理機能」は適用されていないことを示しています。

 

iPhoneのバッテリー交換のタイミングについてはこちらの記事をご覧ください。

iPhoneのバッテリー交換(電池交換)はどのタイミングで行う?

 

万が一危険を感じたら?

使用しているiPhoneが熱を持っている、または異臭を感じる場合、無闇にバッテリーを取り外さないようにしましょう。iPhoneから煙が出ている場合は、周辺に物を置かず、何かあってもリスクが最小限で済む状態にしましょう。iPhoneを動かすことができない場合は、砂や消火器を使って消化するか、耐火容器で覆ってしまいましょう。どのような状況でも、リチウムは水と反応して火災を引き起こす可能性があるため、水を使用することだけは避けてください。

安全にiPhoneを動かせる場合は、コンクリートの床など、火気のない場所や換気の良い場所に避難させておきましょう。そのままバッテリーが冷却するまで待機してください。一度バッテリーに引火すると、反応は燃料がなくなるまで続きます。膨張したリチウムイオンバッテリーは引火や爆発の危険性があります。ご自身に伴うリスクを承知した上で、特に注意しながらiPhoneより膨張したバッテリーを取り出す作業を進めてください。

安全に作業をする自信のない方は電源を切って、iPhoneから離れて、早急にプロの修理会社に連絡を入れましょう。膨張したバッテリーを取り外すのは危険が伴いますが、iPhone内に膨れたバッテリーを残すこともリスクになるからです。

iPhoneや身体にかかる潜在的な危険性を軽減するため、iPhoneは膨張したバッテリーを搭載したまま稼働させないでください。自信がない場合は、iPhoneの電源を切って、耐火容器に入れ、プロの修理会社にバッテリーを取り外してもらいましょう。

 

自分でできることは?

iPhoneのバッテリーは消耗品ですから、充電に関して問題が生じた場合、基本は修理店でバッテリーを交換する必要があります。しかし、普段からスマホの使い方に気を付けると、より長くバッテリーを使用することができます。

例えば、先ほど解説した通りバッテリーは充放電を繰り返して寿命を減らしますから、すぐに充電をするのではなく、0%まで使い切ってから充電する、というような工夫でバッテリーの寿命を延ばすことが出来ます。

他にも、モバイルバッテリーの使用を控えることでバッテリーの寿命を延ばすことができます。モバイルバッテリーの電流は電源からの充電に比べて非常に高電圧で流し込まれるため、バッテリーを痛めてしまうのです。特に急速充電の使用はバッテリーの寿命を延ばす観点からは避けましょう。バッテリーを痛めてしまう大きな原因になります。

 

交換しないと本体にも影響がある?

バッテリーが劣化すると、システムやプログラムにも悪影響を与え、iPhone自体の性能も悪くなります。

例えばiPhone6に最新のiOSを入れた場合、本体のスペック的に動作が遅くなりますが、バッテリーが劣化していると更にレスポンスや動作性が悪くなります。バッテリー交換をすれば、動作性も良くなる可能性があります。不具合の例では、iPhoneを起動する際にリンゴマークが何度も現れたり、急にシャットダウンしてしまったりするケースがあります。劣化したバッテリーをそのまま長く使っていると、最終的に本体そのものが故障してしまうリスクもあるのです。

また、先程お伝えしたように、リチウム電池の特徴で、バッテリーは劣化すると膨らんできます。物によっては1週間程度でガスが溜まって急激に膨らみ、液晶パネルを突き破ってしまうこともあります。最悪のケースでは発火し、火災や火傷などの原因にもなり得ます。

 

 

買い換えた方が良い場合はどのようなとき?

ここに関しても、ユーザーさんの使用具合や意思によって異なるため、一概にはいえませんが、バッテリーが原因で機種変更になるケースはそこまで多くないと感じます。

先程のホームボタンが反応しない場合やタッチパネルが反応しない場合も、バッテリーの膨張が原因で発生していることも多く、バッテリーの交換で解消されることがあるためです。

液晶があまりに割れていたり、他の箇所に多くの影響が及んでしまっていたり、「流石にこれは機種変更した方は良いですね」とならない限りはあまり買い換えなどの方向に持っていくことないです。

 

 

バッテリー交換はどこでやってもらう方が良い?

バッテリー交換を行う場合、大きく分けて3つのパターンで依頼ができます。

 

Apple正規に持ち込む・依頼する

まずはAppleストアなどに持ち込むケースです。料金に関しては、

 

お使いの iPhone が Apple 製品限定保証やAppleCare+ の保証対象である場合は、その iPhone のバッテリーを無償で交換できます。AppleCare+ に加入しているかどうかわからない場合は、こちらのページにお使いの iPhone のシリアル番号を入力すれば確認できます。

画面のひび割れなど、バッテリー交換に支障をきたす損傷がある場合は、そちらを先に修理する必要があります。場合によっては別途修理料金がかかることがありますので、あらかじめご了承ください。

iPhone の各モデルのバッテリー交換料金については以下の料金表をご覧ください。

 

とあります。(公式参照 https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service/battery-power

 

ご自身がまずは、限定保証やAppleCare+の保証対象になるのか確認しましょう。料金に関しては、モデルによって異なります。

iPhone X、iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone 11 Pro Max、iPhone 11 Pro、iPhone 11、iPhone 12 Pro Max、iPhone 12 Pro、iPhone 12、iPhone 12 mini、iPhone 13 Pro Max、iPhone 13 Pro、iPhone 13、iPhone 13 mini

の場合、保証の対象になっていれば0円ですが、保証対象外の場合、8,140円(税込)となっています。

iPhone SE (第 2 世代)、iPhone SE、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 8、iPhone 8 Plus、およびその他すべての対象モデルの場合、こちらも保証の対象になっていれば0円で済みますが、保証対象外の場合、5,940円(税込)となります。

※上記は Apple でバッテリーを交換した場合の料金です。Apple 正規サービスプロバイダの料金は、これとは異なる場合があります。

 

なお、Appleの場合手続きをすれば配送修理を行うことも可能ですので、詳しくはこちらもご覧ください。

https://support.apple.com/ja-jp/iphone/repair/service/battery-power

 

 

キャリアショップに持ち込む

au、ドコモ、ソフトバンクなどのキャリアショップでもバッテリーの交換対応は可能です。ただ、注意しなければいけないのが全てのキャリアショップで対応可能ということではない点です。

 

ドコモの場合

ドコモの場合も、店頭修理サービスが対応可能店舗は、ドコモショップ丸の内店もしくは、iPhone/iPadリペアコーナー名古屋のみでの対応となります。

同日修理に持ち込む際はスマホと一緒に本人確認書類が必要になるため、忘れないようにしてください。

 

auの場合

「同日修理」と「預かり修理」に分かれており、同日修理の場合は、au Style SHINJUKU、au Style SENDAI、au Style みなとみらい、au Style NAGOYA、au Style OSAKA、au Style FUKUOKA、au Style 渋谷スクランブルスクエアやApple正規サービスプロバイダが対象です。

預かり修理の場合は、より多くの店舗が対応可能となっており、詳細はこちらよりご確認ください。

https://www.au.com/aushop/repair-iphone-ipad/

なお、auでも本人確認書類が必要になるためご注意ください。

 

ソフトバンクの場合

ソフトバンクで店頭修理が可能な店舗は、ソフトバンク仙台クリスロード、ソフトバンク銀座、ソフトバンク表参道、ソフトバンク名古屋、ソフトバンクグランフロント大阪のみとなります。

こちらも同じく本人確認書類が必要になります。

3社とも、店頭修理は混み合うことが多いため、あらかじめWebか電話での予約を行っておくことをおすすめします。

 

街の修理屋さんに持ち込む場合

Appleやキャリアショップだと、限られた店舗やそもそも店舗があるかどうかもわからないなどのデメリットがありました。しかし、街の修理屋さんの場合は利用しやすいという最大のメリットがあります。

他にもキャリアショップなどの違いとしては、Apple Storeなどの正規店は純正品の修理部品を仕入れているのに対して、非正規店では純正ではない修理部品を使用することが多いです。

ですが、純正品ではない部品を使う背景として、iPhoneは世界中で利用されている画一的な製品であり部品が一緒のため安く流通しているため、正規店以外でも安い部品を調達して安く修理を行うことが可能ということがあります。

 

また、総務省登録修理業者かどうかなどを基準にお店の質が高いか低いかを見分けることも可能です。

総務省登録修理業者として認定されるには、使用する部品の限定や、品質・安全性のチェック、高い技術力の担保などが必要で非常に厳しい審査を通過する必要があります。総務省登録修理業者としての登録を維持するには毎年の申請が必要となります。粗悪な部品では確認を通らず、作業内容も正しい手順でマニュアル化されていることが条件となっているなど、基準はかなり厳しいものになっているからです。

 

▼関連記事として弊社記事「失敗しないスマホ修理業者の選び方」も参考になさってください

【2021年7月更新】失敗しないスマホ修理業者の選び方

 

 

自分で修理をするのはOK?

スマホを自分で修理する方もいらっしゃるかと思います。バッテリー交換は、修理の難易度はそれほど高くなさそうですが、実はスマホ修理の中でも1番危険を伴うのがバッテリー交換なのです!大げさな話ではなく、取り扱いを間違えると暴発リスクがあります。火や煙を吹いてしまうこともよくあります。そうなると、周りの部品まで溶けてしまい、端末自体がダメになってしまいます。

バッテリー交換は手順を間違えるとショートして再起不能になりやすいのも特徴です。さまざまな危険が伴う作業になるので、ここは思い切ってプロに依頼することをお勧めします。

そもそもですが、iPhoneをはじめとしたスマートフォンには技適マークというマークが付いています。この技適マークは、電波法令で定めている技術基準に適合している無線機であることを証明するマークで、携帯電話の分解をするとこの技適マークが外れてしまい、再度電源を入れた瞬間に電波法違法になってしまいます。

この技適マークを外すことなく修理が出来る立場なのはメーカーもしくはメーカーに委託された修理業者のみが該当します。Appleが推奨する修理以外の行為はすべて、こうした法律に触れる危険性があることを認識しておきましょう。

※必ず違法ということではありませんが、さまざまなリスクが伴うという認識を持っていただきたいです。

 

iphone修理工房では、少しでも修理リスクを減らすために、工具にも注意を払っています。スマホ修理に使うドライバーは、通常の精密ドライバーではなく最新式の専用ドライバーを使用しています。これによってスマホ内部の小さなネジ頭の溝をなめてしまう(つぶしてしまう)ことがなくなります。最新の工具や適切な材料を使った丁寧な仕事が、スマホ修理には欠かせません。

 

 

バッテリー交換時によくある質問

ここでは、バッテリーの交換時によくある質問についてお話していきます。

 

データはバックアップを取っておくべきでしょうか?

基本的には、「バッテリーを交換する」という作業だけでデータが消えてしまうような恐れはほとんどありません。

ですが、iPhoneも精密機械なので何かの恐れで「万が一」ということもありますので、可能な限りバックアップは取っておくに越した事ないです。

先程のキャリアショップやApple公式でも、バックアップを取っておくことが推奨されていますので、万が一に備えて必ずとっておきましょう。

バッテリー交換時にバックアップが必要かについてはコチラの記事もご覧ください!

iPhoneのバッテリー交換時にバックアップは必要?

 

バッテリー交換を行う際は容量の大きいものにするべきでしょうか?

対応できる限りであれば、容量の大きいバッテリーに交換する方が良いです。

ただ、バッテリーの容量に対してサイズや大きさの規格が決まっているので対応できる限度があります。

可能でも、1〜2割程度だと考えてください。(いきなり従来の倍の容量を持つバッテリーなどはほとんどないです。)

 

容量を増やせなくても、モバイルバッテリーなどを併用して上手に使えると良いですね。

 

 

気をつけて!交換後のトラブル

 

本体が温かくなる

少し古い機種によっては、本体が温かくなりやすいこともあります。というのもバッテリーだけでなく、本体そのものも劣化しますし、古い機種で新しいOSをしようすることでOSと使用している本体のスペックが釣り合わずに処理を頑張ろうとしてしまうからです。

バッテリー交換後に熱くなる理由や原因については、こちらの記事をご覧ください。

iPhoneのバッテリー交換後に熱くなるのはなぜ?

 

そもそも交換時期じゃなかった

「なんとなくバッテリーが減りやすいかな?」くらいの気持ちでバッテリーを交換してしまうと、交換後も「思ったより変わらないかも」となるケースも。

こちらでも確認は行いますが、お客様側でも様子をよく見極めてから、バッテリーの交換をしましょう。

 

 

まとめ

スマホのバッテリー交換は安価にお願いすることができます。「お預かり60分でバッテリー交換、地域最安値」などと美味しいセリフを吐く業者さんもいます。

安く済ませたいと思って、安価なショップや自分で交換することも決して否定はしませんが、そこで万が一失敗してトラブルが広がってしまうと、最終的には正規の修理費用よりも高くなってしまう恐れがあります。

 

迷ってらっしゃる方は、さまざまな不具合にも対応できるiPhone修理工房にお問い合わせください。お待ちしております!

 

スマホの調子が悪い、故障しているかもしれないという方は下記電話番号からご相談ください。お電話口で状況を伺い、今取るべき対応・どのような修理が必要かお話させていただきます。

※水没した場合は出来るだけ他のお電話からお掛けください。

03-3251-7770(10:00~19:00・365日対応)

 

スマホの不具合に関する緊急相談窓口

03-3251-7770

(10:00~19:00・365日対応)

スマホの調子が悪い、故障しているかもしれないという方は上記電話番号からご相談ください。お電話口で状況を伺い、今取るべき対応・どのような修理が必要かお話しさせていただきます。
※水没した場合は出来るだけ他のお電話からお掛けください。

お近くのクーポンが使えるiPhone修理店舗をチェック!

iPhone修理工房 店舗案内へ