スマホ修理症状

スマホ水没対処の決定版!スマホが水に浸かった時に必ず読んでほしい記事

スマホを持っていれば一度は経験するスマホ水没。「壊れてしまったんじゃないか…」と不安になりますよね。特に夏場は海やプールで水没させてしまう人が急増します。

そんなスマホ水没ですが、どう対応しますか?

ネットで見つけた対処法を試してみる、とりあえず放っておく…色々考えられると思いますが、下手な対処をすると取替えしがつかなくなるかもしれないんです。

そこで本日は、スマホが水没した場合はどう対処するのが正解なのか、全てまとめて解説しようと思います。

1、どこからが水没?

水没とはそもそも何を指すのでしょう。

海やプールに落とすだけではなく、実は雨に濡れて水没することもあります。

特に夏のゲリラ豪雨の後は、水たまりに落としていなくても水没することがあります。

実際に大雨の後は水没修理が増えます。

他に盲点なのは、汗でもスマホは水没する可能性があるということです。

修理に出されたスマホを開けると、塩でスマホの中が真っ白になっていることもあります。

また急激な温度変化が起こると、湿気によって水没修理が必要になることもあります。

このように、海やプールなどの水中に落としスマホが水に浸かるなどがなくても、水没することがあるのです。

2、水没した時やってはいけないこと

それでは、いざスマホが水没してしまった時はどうすればいいのでしょうか?

ネットで検索してみると、色々な対策が出てきます。しかしそのほとんど間違いです。

よく見るものですと、

「スマホを振る」

「ドライヤーで乾かす」

「お米の中に入れる」

などがあります。全て間違いです。

このような対処法は、逆にスマホを破損させる原因にもなりますので避けましょう。

3、水没した時にやるべきこと

水没したスマホを修理するにはスマホのバックカバーを開けることが重要ですが、これには星型の特殊なドライバーが必要で一般の方には難易度が高いです。

また配線の位置が機種によって違い、誤ってこの配線を切ってしまい破損されることもあります。

このように、自分でスマホを開けるのは難易度が高く、自己修理は失敗してしまう可能性が高いです。

スマホが水没された際は、自分では触らず速やかにお店に持ってきてください。

4、水没した時にはどういう修理をするのか

全部品を外して個々の部品ごとに乾燥させる、というのが基本的な修理です。

そして特殊溶液でブラッシングしたり、超音波洗浄機で洗浄したりします。

水没で一番怖いのはサビです。

スマホの場合は電気が通っているので、水没すると一瞬で錆びます。

1日で錆びてしまうこともザラです。

5、水没して携帯が動かなくなる原因

水没してサビが発生することや、水が電気に反応してショートしてしまうことで、携帯が動かなくなります。

6、水没したスマホからデータを取り出せる可能性

内部クリーニングでスマホを直せるのがおよそ70%、不動パーツ交換でデータを取り出せる確率は90%ほどです。

基盤がショートしている場合はそのままではデータが取り出せないので、基盤から直接データを抜くという作業が必要になります。

コストはそれぞれ変わりますが、97%はデータを取り出せると言えます。

7、修理料金の相場

通常の修理店では、水没クリーニングだけでデータが取り出せる場合は最安で10000円。基盤を回復してデータを取り出す場合最大で25000円ほどになります。

しかし、iphone修理工房で水没クリーニングを行う場合4500円ほどで済みます。

ぜひ、ご連絡ください。

お近くのクーポンが使えるiPhone修理店舗をチェック!

iPhone修理工房 店舗案内へ