ブログ一覧

iPhoneの自己修理には大きなリスクが!

こんにちは。お得にiPhone修理.comです。

もしお使いのiPhoneが壊れたら貴方はどうしますか?

買い換えるには惜しいし、修理屋さんに持っていく前に自分で直せるなら何とかしたい…

そう思う方も恐らく少なくないでしょう。

また、昨今ではiPhoneが壊れた時の自己修理法などを説明した動画なども上がっていますので、そちらを観ながら進めれば一見問題なく済むかも知れません。

しかしそういった手段には大きなリスクに繋がるきっかけが潜んでいるのです。

大きなリスクに繋がるきっかけ

動画を参考にする

iPhone修理動画を参考する場合、まず注意しなくてはならないのが相手はプロということです。

一見簡単にやって見せている動画内の修理士はその多くが今までに何千件もそういった故障に向き合ってきたプロです。プロほど工程を簡単そうに見せる存在はいません。

一方で、そんなプロの仕事を一目で理解して習得できる存在はまずいません。例えるなら、ラーメン屋へ修行に入ったばかりの弟子がいくら見様見真似でやって見せても、いきなり匠のワザを盗めることはなく、まず同じような味は再現できません。

したがってまず蓋を開ける段階から、既に注意が必要です。

一歩間違えば中の大事な基盤の配線を切ってしまったり、細かな部品がはじけ飛んでしまう恐れがあります。そうなるとどこの部品だったか分からなくなり、素人ではまず元に戻せません。それどころか、基盤が傷ついたのならばデータ自体が消し飛んでしまう恐れもおおいにあります。

どんな修理においてもまず第一に行うのはデータのバックアップと言われています。それは基盤自体が大変緻密で繊細な作りをしているので、うかつな刺激が加わればあっという間に機能を失ってしまうためです。そういった面でも、少なくとも修理前にはまずバックアップを取っておきましょう。

一方で、部品を一つ外すにしても、ドライバーの角度だけでなく、本体の角度を変えたり保持したりしながら外す方法を取らなくてはいけないものもあり、それができなくては余計な力がかかって必要な部品以外も外れたり壊れたりする可能性があります。

そのように、iPhoneは下手な真似をした事で致命的な大ダメージに繋がる可能性がたくさんあるのです。

元に戻す

いざ自分で修理したとして、蓋を開けたは良いものの、果たして元に戻せるでしょうか。そもそも壊れている場所は本当に自分が判断したところで合っているのでしょうか。

例えば画面が映らなくなったとして、それは内部の故障でしょうか?インカメラとシステムの接触異常かも知れません。はたまたバッテリーが切れているだけかも知れません。ひょっとするとたまたまiPhone自体のアップデートでシャットアウトさせられている可能性もあります。

そういった可能性があるかどうかもわからないまま闇雲に開けるのは地雷原を丸腰で駆け抜けて行くような物です。

また、元に戻せないことでバラバラになったネジを同じ袋に詰めて持って行っても修理業者によっては手間と時間がかかるとして高い費用をより請求されることになりかねません。

iPhoneは繊細な機械であるからこそ、一見して同じ形や大きさに見えるパーツであっても、実は素材や用途が全く違うという可能性がいくらでもあり、判別と適合が大変なパーツも少なくありません。

したがって、最初はたった数千円で済んだ修理費用が自分の行動で何万円にもはね上がるかも知れないのです。

修理キットに頼る

これさえあれば大丈夫とばかりにネット通販などで修理キットが売っている場合もあります。これも大きな注意が必要です。

そもそも専門的なパーツや特殊ドライバーをいちいち買い揃えるのと、修理業者に頼むのとではかかる費用がもはやほとんど変わりません。

そうこうして壊してしまうリスクを背負うくらいなら、やはりきちんとプロの修理をできるお店に持ち込むのが安全かつ確実と言えるでしょう。

また、修理店だからこそ、iPhone内部の特殊パーツをすでに店内で揃えて、また単価を安く大量購入していることがほとんどです。

それを個人で取り寄せた場合、パーツ単価が高くついたり、届くまで何日も待つことになったりすることになります。

そもそもそれ自体が正確な故障部位のパーツか、数か、品質か、個人ではまず判断できません。万が一偽物や不良品が届いてしまった場合、更なる悪化を招く事は容易に想像が尽きます。

お手入れ

細かい作業には慣れているから、中を見るくらいなら大丈夫だろうという考えも大変危険です。

実際の事例として、iPhone内部に汚れがたまっているという話を聞いて、綿棒かブロアーでささっと取り除けるだろうと掃除をした人がいます。

しかし、何とか無事に蓋を開けられたとしても綿棒を押し込んだ事でパーツの形が曲がったり、小さなチップが取れたり、ブロアーで吹き飛んだりといったことがあり、結果として本来ならば内部の汚れだけで済んだにもかかわらず、その場で直しようの無い致命傷を与えてしまいました。

確かに、そういった汚れは後々システムエラーやiPhone本体の過熱などを引き起こすのでこまめに清掃するのがベストです。

しかし、繊細な部品の集合体であることを失念してザカザカ擦ったりすれば本末転倒と言えるでしょう。

こういった、独断による清掃行為でもしまいには壊れている箇所さえ分からなくなり、もはや修理不能となって買い替えた方が遥かに安いといった自体を引き起こすことが少なく無いのです。

バッテリー交換

バッテリーパックは変えやすいと評判なので、これが一番手を出しやすい自己修理では無いでしょうか。しかしここにも大きな落とし穴があります。

まずiPhoneのバッテリーは強固な粘着テープで保持されています。ことさら、iPhone5C以降のバッテリーはかなり強力に粘着されており、工具で外す際に力を入れた手元がうっかり内部の基板を傷つけてしまう危険が大いにあります。

そもそも、iPhoneのバッテリー交換ではそれこそ特殊なドライバーやヘラ、吸盤などもいるため、一式を揃える手間と費用と破損のリスクを考えるとやはりこちらも修理店に持ち込むのが最も安全でしょう。

まとめ

できることなら愛機を自分の手で直したい、手間や費用をかけたく無いなどの理由で自己修理を選ぶ事はあるかも知れません。

一方でiPhone自体は繊細な内部構造をしています。

その上で

・修理法、メンテナンス法を知らない

・内部の構造、配置を知らない

・力加減のコツを知らない

こういった状態の素人が誰かの教えを見様見真似でやったところで安全確実な修理は到底不可能であると考えた方がいいでしょう。

また、素人考えで手を出した結果、さらなる故障や破損にいたる恐れはいくらでもあり得ます。

その結果、本来の費用の何倍もコストがかかってしまいます。

修理キットを買うにしても、ひょっとしたら修理費用より時間も手間もコストもかかる場合が多々あります。

そうした複合的な可能性や理由から、iPhoneの自己修理は大変危険です。

もしお手持ちのiPhoneが壊れた、あるいは不調を感じた際はまずはお近くのiPhone修理店でご相談ください。

その場でiPhoneの異常を即座にチェックいたします。

また、当店ではクーポン適応の修理店もございます。

その場合、画面修理では最大5,000円、電池交換では最大2,000円、内部パーツ修理に至っては最大8,000円お安くなるプランもご用意しております。どうぞご確認ください。

最後に、お持ち込みになられる際は事前にiPhone内のデータをお手持ちのPCへバックアップなさるのをお忘れなく!

お近くのクーポンが使えるiPhone修理店舗をチェック!

iPhone修理工房 店舗案内へ