スマホ修理症状

甘く見てはいけない!バッテリー交換こそプロに修理依頼を

そもそもバッテリーは消耗品である

iPhoneだけに限った話ではありませんが、バッテリーは基本的に消耗品です。長年使用しているとバッテリーの減りはどんどん早くなり、それを抑えるためにいろいろな機能を切って使ってる方も多いかと思います。

様々な機能を切って一時的にバッテリーの減りを遅くすることは可能かもしれませんが、いずれは必ずガタがきてすぐにバッテリーが落ちるようになってしまいます。そうなると交換しなければいけなくなるので、早めに修理交換してしまうことが結局は得策なのかもしれません。

バッテリーは熱や衝撃に対して弱い

バッテリーは比較的弱い部品です、衝撃はもちろん熱にも強くはありません。熱を持つことによって目に見えてすぐにわかるような故障が出ることは少ないですが、その状態が続くとバッテリーの劣化が早まります。また熱を持つことにより膨張する危険性もあります。長く使っていると持っている携帯がどんどん熱くなっていく現象がありますよね。それは内部のバッテリーが発熱しすぎているせいでもあります。この状態こそが、劣化を加速させているのです。

バッテリーが膨張するとどうなるの?

バッテリーが膨張すると液晶パネルが盛り上がってきます。さらにそのまま放置していると液晶パネルが壊れる危険性があります。最悪バッテリーが破裂して携帯が爆発…なんてことも過去にはありました。膨張してしまった液晶パネルは放置すると本当に危険なので早めに交換修理をしてください!

バッテリーって自分で交換できるの?

スマホを自分で修理する方もいらっしゃるかと思います。バッテリー交換は、修理の難易度はそれほど高くなさそうですが、実はスマホ修理の中でも1番危険を伴うのがバッテリー交換なのです!大げさな話ではなく、取り扱いを間違えると暴発リスクがあります。火や煙を吹いてしまうこともよくあります。そうなると、周りの部品まで溶けてしまい、端末自体がダメになってしまいます。

バッテリー交換は手順を間違えるとショートして再起不能になりやすいのも特徴です。様々な危険が伴う作業になるので、ここは思い切ってプロに依頼することをお勧めします。

バッテリー交換の価格目安

非正規店の場合だと、大体3000円〜9000円ほどで修理を行っています。価格に開きがあるのはバッテリーの品質が様々だからです。法律ではPSEマークがついているバッテリーしか販売してはいけないのですが、中にはPSEマークのついていない安全基準を満たしていないバッテリーを使っているお店もあります。

ところが弊社では、部品としてはPSEマーク付きのバッテリーを使用しながら1980円で交換をしています。この価格がなぜ実現できるかと言うと、お客様にお試しコンテンツ(アプリ)のモニターとなっていただくことで私たちが広告収益を得ることができているからです。

バッテリー交換の目安は

1年〜2年がバッテリーの寿命と言われています。端末がバージョンアップしスマホ自体の機能が充実すればするほどバッテリーの負荷がかかるので、寿命は短くなっていきます。

iPhoneであれば

設定>バッテリー>バッテリーの状態>最大容量

で確認できます。

90%を切ると、半日持たないレベルになってきます。

80%台になるとどんどん電池が使えなくなる状況ですね。

スマホを長持ちさせるためにも、定期的に確認してみると良いでしょう。

お近くのクーポンが使えるiPhone修理店舗をチェック!

iPhone修理工房 店舗案内へ